学習者の声

岩本由美子さん (伊勢堂岱縄文館ボランティアガイド)

Q1.現在どのように英語を勉強して、日常生活や社会活動に活かしていますか?

私は、伊勢堂岱遺跡のボランティアグループに所属していて、ボランティアガイドなどをしています。

美由紀先生をはじめ、英語が堪能な方やネイティブスピーカーに手助けをしていただいて、英語のガイドブックを自作してみました。

また、以前美由紀先生がやられていた北秋田市の公民館講座が終わり、その時の仲間と英語の自主サークルを開いています。

月2回、英語の訓練をしています。自分達でテーマを持ち寄って、みんなで取り組んでいます。

                   

Q2.英語指導を受けて役に立ったことを教えてください。

ほとんど忘れてしまっていた英語でしたが、美由紀先生の勉強方法がとても楽しかったので、クラスについていくことが出来ました。

チームで一つのテーマに取り組み、自分達で英文や発表スタイルを考えるというものです。

その勉強方法が今の英語の自主サークルに活かされていると思います。また、自信を持つことにもつながりました。

今は、英語だけではなく、自分がやりたかった事にもチャレンジしてみようという気持ちになっています。

                    

Q3.英語を学習して、今後どのようになりたいですか?夢や目標を教えてください。

今の目標は、英語で伊勢堂岱遺跡のガイドが出来るようになる事です。

海外から来られるお客様と色々とお話が出来れば楽しみも広がるのではないかなと思っています。

遠い道のりかもしれませんが、頑張ってみます!

           

             

長岐徹さん (森吉山樹氷ガイド)

Q1.現在どのように英語を勉強して、日常生活や社会活動に活かしていますか?

テレビとラジオの英語番組やニュースをできるだけ視聴して、

単語、イディオム、文法の勉強をしています。

また、リスニング力向上を目指して、好きな洋画やドラマを見ています。

実践するシーンとしては、たまに会うイギリス人の友人、

最近知り合った中国系マレーシア人とのLINEと会話です。

2017年から始めた樹氷案内では、外国人観光客に樹氷ができる条件やメカニズムを説明しています。

                    

Q2.英語指導を受けて役に立ったことを教えてください。

初めて外国人相手のガイドをすることになった際、現場で使うことが予想されるセンテンス等について、美由紀先生から多くの的確なアドバイスを頂きました。

そのまま使えて、最初はドキドキしていた外国人とのコミュニケーションが、今では楽しめる感じになってきました!

また、クラスで学習した題材の一つ「伊勢堂岱遺跡ストーンサークルの謎」は、世界遺産指定の可能性が高まる中、地元市民として知っておくべき内容でした。

文化的価値と貴重さを英語学習を通じて知りました!

       

Q3.英語を学習して、今後どのようになりたいですか?夢や目標を教えてください。

まず、外国人と自然にコミュニケーションがとれるようになること。

海外での一人旅が問題なくできること。

そして、洋画を字幕なしで観られるようになること!

とてもチャレンジングな目標ですが、英語学習を楽しみながら継続します。